IMG_5095
横浜の中華街の中にある、媽祖廟(まそびょう)。

IMG_5098
こちらも中華街の中にある、関帝廟(かんていびょう)。
クレイジーケンバンドの歌にも出てくる、あそこです。

昨年末に、「商売に良いよ、中国の神様だからすぐ願いをかなえてくれるよ」
と教えられて参拝し、それからたまに、媽祖廟と関帝廟(かんていびょう)に
お参りするようになりました。

いつお参りしても良いのですが、一応参拝日は決まっていて、旧暦の、1日と15日。

今日はちょうど旧暦の九月一日だったので、
久しぶりに、媽祖様(まそさま)と関羽様(かんうさま)、
中まで入って参拝してきました。
お参りの仕方が独特で、最初はだれしも絶対に???なので、
私のやり方ですが、簡単にご説明してみましょう。
(とは言っても、それほど簡単では無いのですが・・・)
まず最初に、大きく分けて2通り。

●中まで入らずにお参りする方法
●金紙とお線香を買って中でお参りする方法

があります。

【中まで入らずにお参りする方法】
ごく一般的な参拝方法。
トコトコトコ〜とお賽銭箱のところまでいき、
お堂の中でお祈りみたいなことをしてる人を覗いて帰ってこれます。
お賽銭をあげたりも出来ます。

【中でお参りする方法】
お堂の中でまで入るには、入り口で金紙(きんし)やお線香を買う必要があります。
※金紙やお線香を買うと、お守りをもらえます。

IMG_5103
左が媽祖廟のもの、右が関帝廟のもの。

 

〜ここからは、私の参拝方法〜

 

1000円ぶんの金紙と、500円ぶんのお線香を5本購入

金紙とお線香を持ってお堂の中に入る

金紙を、神様のほうへ向けて台の上へ置く

いったんお堂の外へ出てお線香に火を着ける

1番と書いてあるお線香をくべる炉へ、3回お辞儀をしてから1本差す

〜5番の炉まで、それぞれ、まずお辞儀を3回しながら、1本ずつお線香を差す

正面の神様の前にあるクッションに、膝を着いてお祈りの姿勢になる

3回お辞儀をし、名前住所生年月日とお願いを言う(心の中で唱えてOK)

左右の神様にも、同じことを順番にする
(媽祖廟には三カ所、関帝廟には四カ所、お参りするところがあります)

金紙を持って外へ出る

入り口近くの、金紙を燃やす塔で金紙を燃やし、神様へお金を届ける

おしまい

初めての方には、きちんとスタッフさんが教えてくれるので、安心してお参りしてください。

中華街で商売をしている方は割とよくお参りにくるそうで、
参拝日に当たった今日は、とっても大きな金紙を持っている人が多かったなぁ。。
神様への感謝もあるのでしょうね。
私も、今日のお願いごとが叶ったら、今度は奮発してみようかな!

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

イラストレーター 佐川ヤスコ

ART BOOK OF SELECTED ILLUSTRATION シリーズ、発売中!
佐川ヤスコHP http://sagawayasuko.com
ラインスタンプ、全5種発売中!
このブログで使用しているイラストは→こちら←で購入できます
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...