昔からですが、奇想天外な夢を見ます。
面白いので、忘れる前に、記録していってみようと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●裁判所に提出するらしい証拠書類を揃えている私。私以外にも何人か。
皆、なぜか床で書いている。
窓口に持って行くと、お姉さんが
「電卓は提出しないんですか?」
「電卓?ひとつしか無いので、提出するのはちょっと・・・」
「電卓も提出されると、120万円貰えますよ。」
「え?ほんとですか?電卓を提出するだけで本当にそんなに貰えるんですか??」
「はい」
・・・ということで、電卓を証拠品(?)として提出。

●場面変わって、昔住んでいた街の、用水路をまたぐ交差点のあたりで。
夜中の1時という設定。(なのに明るい昼間。)
スーツ姿の若めの男性二人が、急ぎ足で歩きながら携帯で話している。
漏れ聞こえる話から、おそらくこの二人はさっきの続きで弁護士のよう。
かけている相手は、私の幼なじみのおうちらしい。
(そうか、そこのおうちに向かって歩いているんだな。)
なんとなく、自分のスマホを見ると、着信48件。
相手は、ずいぶん昔に会ったことのある、これまた士業の男性。
えっ!と思ってかけなおす。
ずっとコールしていて出ない。
でも、呼び出し音が鳴っているのとかぶって、
電話の向こうから、士業の男性に、女性(秘書?)が
「ここはこうですね、で、こうなって、こうでよろしいですね、、」
「うん、うん。」と確認しているやりとりが聞こえている。・・・

●場面変わって、公共施設のような高い建物の上のほうから飛び立ち、
なにかのイベントをしている上を飛んでいる私。
飛んでいる・・といっても、優雅ではなく、一生懸命両手をぱたぱたさせないと
どんどん落ちてくる。まだ、上手く飛べないらしい。。
うーん楽しいけど。。
何度か地面に足が着いては一生懸命空気をこいで空中に浮かび上がり・・・
を繰り返していると、向こうから、ひゅーんと上手に楽しそうに
ジェットコースターのような一回転の弧を描いてやってくる誰か。
しむらけんさんだった!(バカ殿だったかも)
がしっと捕まえて、「なんでそんなに上手く飛べるんですかぁああ〜!」と質問。

●その次、場面変わって、友人がやっている(という設定の)
おされショップ&大旅館&レストランetcがくっついた複合施設。
そこでのできごと・・・いろいろあったけど、広すぎて疲れたので、割愛・・・。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-23-23-55-56

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

夢見が壮大ストーリー過ぎで、起きて疲れていることもしばしば。
困ったものです^^;
今日のは、
「潜在意識が見せている夢では、自分の思うように空を飛べる」
とネットで読み、なぬー!凄く楽しそう!これはやりたい!
・・・と思ったのが、頭のどこかに残っていたのかな。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

イラストレーター 佐川ヤスコ

ART BOOK OF SELECTED ILLUSTRATION シリーズ、発売中!
佐川ヤスコHP http://sagawayasuko.com
ラインスタンプ、全5種発売中!
このブログで使用しているイラストは→こちら←で購入できます
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...