私が一番ゾクゾクしたところは、外宮の、正宮へむかう道でした。

今回の祐気取りは、人生ではじめて、お伊勢参りに行ってきました。

始発の新幹線で東京を出発し新幹線で日帰りという、
今回もまたまたかなり強行なスケジュール。
一日で東京から伊勢まで行って帰れるようになっているなんて、
昔の人が知ったらびっくりするんだろうなぁ。

回ったルート:

二見興玉神社

外宮(正宮→土宮→風宮→多賀宮)

月夜見宮

内宮(正宮→荒祭宮→風日祈宮)

猿田彦神社

月読宮

快速みえ は1時間に1本くらい。新幹線からの乗り換えは近くてラクチン。自由席でも座れました。
二見興玉神社は二見浦駅から徒歩20分。行きは運良く循環バスに乗れました♪
水の中の蛙に水をかけます。
この注連縄で悪いところをなでると治るそう。顔をなでたかったけどさすがに痛そうで挑戦せず。
海沿いに建つお社。朝10時ですが、もう人がいっぱい。
その後、二見浦駅まで歩き、電車で伊勢市へ。外宮の前の赤福で、
お抹茶&盆セットで休憩。やっぱり赤福氷にすべきだったかな。。
外宮を入るとすぐ左に広がる まがたま池。このあとすぐに右奥の菖蒲が満開だったそう。
外宮の隣には古殿地。開けていて明るくて、白石でさらに明るくて、しばらく眺めました。

 

正宮から別宮に向かう間に渡る橋の上から。どこもかしこも深い森。
土宮。風宮と向かい合わせな位置にあります。どこも並んでる・・・。お正月でもないのにこんなに並んで参拝する神社、久しぶりです。老若男女全ての年代が居ます。さすが伊勢神宮だなぁ。
こちらは風宮。名前が素敵で、どんなところかなと、伺うのを楽しみに思ってました。
多賀宮は土宮・風宮から石段をやや登ったところにあります。石段に長いこと並んで、参拝。
外宮のお土産。干菓子。小200円・大300円。こんなにお安くて良いんでしょうか。
外宮から月夜見宮へ伸びる一本道。奥〜の正面に鳥居が小さく見え・・ますか?
その名も「神路道」。月夜見宮の神様が外宮へ通う道だからだそう。
外宮前から15分程バスに乗り内宮へ。内宮前のおはらい町で伊勢うどんを食べて腹ごしらえ。
14時頃から内宮参拝。広いです。歩きます。靴は白くなります。
午後だともう、人が多くて気がわちゃわちゃしてしまっていたかんじ。。次は早めの時間に行きたいな!
そろそろ歩き疲れてきた頃。内宮から風日祈宮へ向かう道がこれまた素敵でした〜。
外宮から歩いて猿田彦神社へ。道中にあった可愛いお店。ルート的には外宮→内宮の間に猿田彦神社と月読宮と倭姫宮に寄るべきだったみたい。。
暑い中歩いてヘロヘロで猿田彦神社に到着。次回はもうちょっとゆっくり伺うことにしましょう。。
さらにさらに歩いて、とうとう月読宮到着! ここ、とても素敵でした。祀られている4社のせいかな?宮司さんもなんか良かった。
五十鈴川駅から乗車し名古屋でお弁当を買って新幹線へ。いや〜歩きました。今回の祐気取りも精一杯頑張ったので、きっとこれからも、商売安泰なことでしょう!

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

イラストレーター 佐川ヤスコ

佐川ヤスコHP http://sagawayasuko.com

ラインスタンプ、全5種発売中!
著書「かんたん楽しい紙版画」発売中!
このブログで使用しているイラストは→こちら←で購入できます
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...